プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件

プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件

美肌の作り方

肌荒れの治し方|肌荒れがすぐ治らない人に共通する生活習慣とは?

更新日:

肌荒れと一言で言ってもその症状は人それぞれ違いますよね。
肌荒れの治し方を見る前にまずは『肌荒れの主な症状』についてチェックしてみましょう。

そもそも「肌荒れ」ってどんな症状のこと?

乾燥

乾燥は肌荒れの症状の中でも比較的軽度な症状ですが、乾燥がひどくなると角質層が割れて粉ふき肌の原因になることもあります。
乾燥は生活習慣はもちろんですが、乾燥する冬場でも起きやすい症状です。

吹き出物

乾燥が悪化することで、肌にポツポツとした吹き出物ができたり、顔全体に赤みがでることがあります。
この状態で気になるからといって吹き出物をつぶしてしまうとより症状が悪化し、痕が残ることもあります。
吹き出物も生活習慣が大きく影響しているので、肌荒れを引き起こしてしまう生活習慣を見直すことが大事です。

アトピー

肌にかゆみ、痛みを感じる場合はアトピー性皮膚炎の可能性があります。
アトピー性皮膚炎の場合は、化粧品や生活習慣の改善だけでは治すことができないので、肌がかゆい・痛い時は皮膚科へ早めに受診しましょう。

肌荒れしがち!代表的な6つの悪しき生活習慣

”肌荒れ=肌に合わない化粧品を使っているから”と思ってしまいがちです。
もちろん、肌に合わない化粧品を使っていることも肌荒れや肌の調子を悪くしていることに間違いありませんが、肌荒れを引き起してしまうのは普段の何気ない生活習慣が原因なんですよ(; ・`ω・´)
それでは、肌荒れ+肌の調子が悪くなる生活習慣6つ、チェックしていきましょう。

睡眠不足

肌荒れの1番の原因は”睡眠不足”です。夜更かしすると肌に悪いってよく耳にしますよね。

睡眠不足がどうして肌荒れを引き起こす原因になるのかというと、睡眠不足によって肌を綺麗に保つのに必要不可欠な成長ホルモンの分泌が減ってしまうからなんです。

成長ホルモンが十分に分泌されないと、肌のターンオーバーも乱れまくります。
肌のターンオーバーが乱れると、表皮の古い角質が剥がれ落ちることなくどんどん溜まってしまい、乾燥や毛穴詰まりの原因に。

成長ホルモンは、入眠してから3時間の間にたくさん分泌されるので、肌荒れを予防するためにも3時間以上熟睡できる生活リズムを心がけたいですね。

食生活

肌荒れの原因になる生活習慣として睡眠不足の次に挙げられるのが食生活です。

揚げ物やコッテリ系の料理が好きで毎日食べ過ぎていませんか?油分の摂りすぎは肌にとってあまり良いことではありません。
特に日常的に多くの油分を摂取していると肌は皮脂を過剰に分泌するようになってしまい、ニキビなどの吹き出物ができてしまうこともあります。

油分には天然由来の油分と人工で作られた油分があります。
人工で作られた油分は一般的な摂り方をする分にはなんら問題はありませんが、日常的にたくさん摂りすぎると肌の酸化が進み、肌の老化の原因にもなります。

塩分の摂りすぎにも注意が必要

体内は一定の水分バランスで保たれていますが、塩分を摂りすぎると水分バランスを保つために細胞から水分を奪ってしまうんです。
水分の奪われた細胞はカラッカラ。それが、乾燥肌を引き起こす要因でもあります。

肌荒れを予防するには油分や塩分の摂りすぎに気をつけ、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。
特に皮膚に良い効果のあるビタミンB群を使った料理を1食に1品は摂り入れていきたいですね(^▽^)

タバコ

身体に悪い影響があるといわれるタバコですが、実は肌にも悪い影響を与えます。

体内には活性酸素という外部からの刺激から身体を守る防御力の高い酸素があり、タバコを吸うとその活性酸素の量も増えてしまうんです。
増えすぎた活性酸素の作用で肌はどんどん酸化してしまい、肌荒れやシミ、肌のハリがなくなってしまう原因にもなってしまいます。

タバコは吸わないことが一番ですが、そう簡単にすぱっと止めれるものでもありませんよね(; ・`ω・´)
いきなりは減らせないと思うので1日の本数をほんの少しずつ減らし、身体と肌を気遣っていきましょう。

運動不足

『睡眠バッチリ!食生活気を使ってる!タバコ吸わない!でも、肌の調子が悪い…』
そんな時は、運動不足が原因かも。

肌荒れ=運動不足?と思いがちですが、言い方を変えて肌荒れ=代謝不良だとどうでしょう。

代謝不良だとなんとなく肌荒れを引き起こしそうなイメージですよね。
運動不足によって身体の血の巡りが悪くなると、身体の冷えが起きやすくなってしまって肌の老廃物がうまく排出されなくなってしまって、結果肌荒れを引き起こす原因になってしまうんです。

肌荒れを起こさないためにも、適度に運動することが必要です。
でも、無理にきつい運動をするのはNGです。軽いウォーキングや、家の中でできるマッサージなどでも効果アリです◎

便秘

肌荒れを引き起こしてしまう生活習慣、最後は便秘です。便秘になると肌の調子が悪いと感じる女性はすごく多いと思います。

便秘になってしまうと、腸内にいる善玉菌の数が減って有害物質を作り出す悪玉菌優勢の状態になってしまいます。
悪玉菌によって作り出された有害物質は肌細胞に運ばれて、肌の汚れや余分な水分を排出する排出機能の邪魔をしてしまいます。

排出機能がうまくできなくなることで、吹き出物やニキビなどができ、肌荒れが引き起こされてしまうんです。

善玉菌を増やして腸内バランスを整えよう

便秘を解消するには、腸内の善玉菌を増やして腸内バランスを整えることが大切です。
善玉菌を増やすにはヨーグルトから善玉菌の一種ビフィズス菌の摂取や、腸内の善玉菌を増やす働きがあるオリゴ糖を摂取することもオススメです。

ストレス

ストレスを溜め込みすぎてしまうのも肌の調子を悪くする原因に。
なぜかというと、人間はストレスを溜めすぎると身体の免疫力を低下させる働きのあるストレスホルモンというものを分泌してしまうからです。

ストレスホルモンによって身体の免疫力が低下すると、身体だけではなく肌にも影響がでて、皮脂が異常に分泌されてしまったり・メラニンが過剰に生成されて黒ずみなどの肌荒れが起きてしまうことがあるんです。

趣味に没頭してみたり、カラオケで大声を出してみたり、休みの日に昼寝してみたり、発散の仕方はひとそれぞれ。
身体のためにも肌のためにも、ストレスを発散したり・ストレスを溜め込みすぎない生活を意識して過ごしてみましょう。

洗顔が肌荒れの原因になっているケースも多い

毎日の生活の中で1日最低1~2回は洗顔しますよね。

  • めんどくさいからササッと流して終わり
  • 毛穴汚れが気になるから5分以上洗う

実はその洗顔、肌荒れを引き起こす原因になってしまっているかも。
洗顔での肌荒れを予防するためにも、肌荒れを引き起こす洗顔方法についてまとめてみました。

きちんと洗い流せていない

洗顔での肌荒れの原因で多いのが洗顔料の洗い流し不足です。特におでこやあご、小鼻などは洗い流し不足になりがちな部分です。
おでこや小鼻は特に毛穴汚れが溜まりやすい場所なので、洗い流し不足によって毛穴詰まりを悪化させないように気をつけましょう。

洗いすぎ

顔の洗わなさすぎもよくありませんが、顔を洗いすぎても肌荒れを起こすことがあります。

その理由は顔の皮脂は少なくなればなるほど身体が頑張って皮脂を出そうとしてしまうからなんです。
そうすると、オイリー肌になったり、逆に乾燥肌になってしまうなどのトラブルがあります(; ・`ω・´)

1回の洗顔に時間を掛けすぎないこと、1日に何度も洗顔しすぎないようにしましょう。
皮脂が気になる時は洗顔でごっそり皮脂を奪うより、優しくティッシュオフする方が◎

肌に合わないモノを使っている

洗顔料にもいろいろありますが、安いからといって肌に合わない洗顔料を使い続けていませんか?

洗顔料の中には洗浄力を上げるために添加物がたくさん配合されていることがあります。配合成分が身体に合わないと肌の赤みやかゆみの原因になることも。
ひどい肌荒れの場合は病院でみてもらいましょう。

市販の洗顔料が合わない人は無添加&配合成分が天然由来のみの洗顔せっけんを使ってみるのも◎

代謝を上げて肌荒れを改善

ここからは肌荒れを改善する生活習慣について少しご紹介いたします。
肌荒れを予防&改善するには、身体の血の巡りを良くすることがとても重要です。

血の巡りを良くする=代謝を上げること。

日常生活の中で簡単に代謝を上げる方法について何個かピックアップしてみました。

お風呂

手っ取り早く代謝を上げるならお風呂です。お湯の温度は体温より少し暖かいくらいで37度~40度まで。
肩までしっかり浸かるのではなくて、心臓の下までつかるようにしましょう。

お風呂で身体を温めることで、血の巡りがよくなり、新陳代謝が活発になります。代謝を上げることは、肌荒れ予防だけではなく、むくみを改善したり、ダイエットにも効果的です。
健康に過ごすためにもできるだけシャワー浴より湯船に浸かる生活をおくるようにしましょう。

リンパマッサージ

身体の代謝を上げるにはマッサージもおすすめです。
適当にモミモミするだけでも身体がリラックスして、血の巡りも良くなりますが、より効果的なマッサージを行いたい場合はリンパマッサージがオススメです。
リンパマッサージによって冷えやむくみ改善はもちろん、便秘改善にも効果アリです(*^^*)
リンパマッサージは足先から上に、重力から逆らうようにやるのがポイント。

肌荒れを改善するには生活習慣を見直そう

肌荒れがひどい、どうしよう!!と悩んだ時は、まず自分の生活習慣を見直して肌荒れの原因を探ってみましょう。

油分の多い甘いもの食べ過ぎていませんか?
夜、スマホいじってばかりで寝不足じゃないですか?

肌は身体の健康バロメーターでもあります。身体の調子が悪い時は肌の調子もすこぶる悪いんですよ~。
生活習慣を見直して、肌荒れゼロを目指しましょう|´З`●)b

-美肌の作り方

Copyright© プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件 , 2019 All Rights Reserved.