プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件

プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件

化粧水の選び方

敏感肌さんの化粧水の選び方~ヒリヒリする化粧水はもう嫌です~

更新日:

『わたしって敏感肌かな?』と、自分の肌が敏感肌なのかどうかハッキリわからず悩んでいませんか?
敏感肌さんの化粧水の選び方をチェックする前に、まず、敏感肌になると肌はどのような状態になるのか、そして、敏感肌を引き起こす原因についてみていきましょう。

敏感肌=肌のバリア機能が低下した状態

敏感肌は、肌がすぐ乾燥してガサガサになったり、赤くなってしまったりといった症状がおこります。
なぜ、そのような症状が起こるのかというと肌の皮脂が極端に少ないからなんです。

肌の皮脂には、外からの刺激から肌を守るバリア機能があるのですが、敏感肌はそのバリア機能が低下してしまっているので、外からの刺激を受けやすい状態なんです(; ・`ω・´)

敏感肌を引き起こす主な原因とは?

敏感肌は、日々の生活の中で引き起こされることがほとんどです。逆に言えば、生活習慣を見直すことで敏感肌は改善できるということですね。
敏感肌を改善するためにも、自分のどの生活習慣が間違っていたのかをしっかり知ることが大事です。

間違ったスキンケア

敏感肌になってしまう原因として1番多いのが間違ったスキンケアです。特に、洗顔のしすぎには要注意。

洗顔をしすぎると肌にとって必要な水分・油分まで洗い流してしまう可能性があります。また、洗顔料を泡立てずに使うこともNG。
手と肌が直接触れ合うことで、肌の刺激になってしまい、敏感肌が悪化することも。

食生活の乱れ

敏感肌は食生活が原因で引き起こされてしまうこともあります。
甘いものや油っぽいものが好きで毎日かなりの量を食べていませんか?

実は、甘いものや油っぽいものの食べ過ぎは身体に良くないことはもちろん、肌にもかなりのダメージを与えます。
甘いものや油っぽいものの食べすぎで、皮脂の過剰分泌で顔が吹き出物だらけになることも。食事はバランス良く食べることが大切ですね。

睡眠不足

睡眠不足も敏感肌の大敵。
睡眠をしっかりとることで成長ホルモンがたくさん分泌され、肌のターンオーバーを促してくれるのですが、睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が悪かったりすると成長ホルモンが十分に分泌されません。

肌のターンオーバーが乱れると、本来剥がれ落ちる予定だった古い角質たちが剥がれ落ちる機会を逃してしまいます。古い角質が肌に残ったままの状態だと、化粧水などの浸透の妨げになり、敏感肌の悪化にも繋がります。
肌のターンオーバーの周期を整えるためにも、しっかりと睡眠を取るようにしたいですね。

ホルモンバランスの乱れ

『生理中は肌の調子が悪い』と感じることがありますよね。
生理中はホルモンバランスが乱れやすい期間なので、どうしても肌の調子が悪くなってしまうんです。
どうしてホルモンバランスが乱れると肌の調子が悪くなるのかというと、ホルモンバランスが乱れると、肌のバリア機能の低下や皮脂の過剰分泌が起こるからなんです(; ・`ω・´)

生理前だけではなくストレスでも乱れやすい

ホルモンバランスは、過度のストレスでもバランスが乱れやすくなります。
ストレスの溜め込みすぎは身体にも良くないので、適度に発散し、ストレスの少ない状態をキープしたいですね。

敏感肌の化粧水選びのポイント

では、いよいよ本題です。敏感肌さんの化粧水選びのポイントをみていきましょう。
敏感肌さんはトラブルのない肌質に比べて、化粧水選びも成分に注意して慎重に選ぶことが大切です。

『何が無添加なのか』をしっかりチェック

敏感肌にとって無添加化粧水は刺激が少ないのでおすすめできるアイテムです。
しかし、何が無添加かはっきりとわからない化粧水が多いのも事実です。

敏感肌に必要な成分が配合されていない化粧水は、あまり意味がありません。
無添加化粧水を選ぶ時は、何が無添加なのかきちんと表記してあるか、保湿成分はしっかり入っているかをチェックするようにしましょう。

セラミド配合のものがベスト

敏感肌にとって化粧水に配合されている保湿成分もとても重要です。
さまざまな保湿成分がありますが、敏感肌さんに使ってほしい保湿成分はセラミドです。セラミドは肌の角質層にすでに存在し、保湿や肌のバリア機能を助ける働きをしています。

敏感肌の場合、そのセラミドの機能も低下ぎみ・・・。
化粧水からセラミドを取り入れることで、すでに存在しているセラミドの働きをサポートしてあげることが大事なんです。
肌にもともとある成分なので、肌への刺激も最小限で肌にとても優しい成分なんですよ|´З`●)b

セラミドは「天然セラミド」入りを

セラミドにはセラミドに似せて作られたものや酵母を組み合わせて作られたものなど種類がありますが、敏感肌さんは動植物から抽出された”天然セラミド”入りの化粧水を選ぶようにしましょう。

化粧水を塗る時の注意点

敏感肌さんは化粧水を塗る時も注意が必要です。注意してほしい点は主に下記の2点です。

パッチテストをする

初めて使う化粧水の場合、顔全体に使う前に手の甲や腕でパッチテストを行うようにしましょう。
手の甲や腕で赤みや痒みなどの症状がでてきた時は、肌に合わない化粧水の場合があるので、顔への使用は中止してください(´・ω・`)

手の甲や腕で症状がでなくても顔で症状がでる場合もあります。ひどい場合は皮膚科でみてもらうようにしましょう。

コットンNG!手で包み込むように塗る

化粧水を塗る時、コットンで塗ることも多いとおもいますが、敏感肌さんの場合は化粧水は手で塗ることをおすすめします。
コットンだとどうしてもコットンの繊維が肌への刺激になりやすく、何度もコットンでペタペタすることで摩擦の原因にも。手で優しく包み込むように化粧水を塗ることが大事です。手のぬくもりで浸透&保湿効果もぐんとアップします。

シンプルで保湿力の高い化粧水を選ぼう

敏感肌さんの化粧水選びは肌の刺激になる成分が少ないこと、保湿力の高い保湿成分が配合された化粧水を選ぶことが大切です◎
アルコールやオイルは肌の乾燥や過剰な皮脂の分泌へ繋がるので敏感肌さんは避けるようにしましょう。
自分の肌に合った化粧水をみつけて、敏感ヒリヒリ肌から卒業しましょう!

ピリピリしないと敏感肌さんから人気の「プロテオグリカン原液」を試してみました!
下記ページで使用レビューを公開していますので、興味がある方はぜひご覧ください(*^^*)

>>プロテオグリカン原液の口コミ

-化粧水の選び方

Copyright© プロテオグリカン原液の口コミ公開!クソわがまま肌に使ってみた件 , 2019 All Rights Reserved.